三浦豪太さん、アコンカグア遠征日記(2019年1月11日)

アコンカグア登頂に挑戦中の三浦雄一郎校長。同行する息子で医学博士の三浦豪太さんより、日々の様子が送られてきています!本サイトでも一部紹介してまいりますのでおたのしみに!


1月11日(金)
天気 晴れ
6:00 起床
8:00 朝食
10:30 倉岡待機出発
11:00 検診
11:45 散歩
13:00 昼食
15:00 高度順化ミーティング
18:00 定時更新
19:00夕食
21:00 就寝

今日は朝から倉岡隊は一足さきに高度順化に出発した。明日は大城先生と僕、父はベースキャンプに残りこのあたりを中心に高度順化を行う。それぞれバラバラのスケジュールとなるので、その前にミウラ・アコンカグア隊のメインフラッグと記念撮影した。

11:00から検診があった。この検診はアコンカグアに登る人は全て受診が義務付けられている。ここプラサ・アルヘンティーナのベースでは年間約千人、ノーマル・ルート側のプラサムーラのベースでは4千人が検査を受けて登る。結果が悪いと登山許可がおりない。父さんは昨日、血圧が高くもう一度再確認をされたが、今日は血圧が下がり見事パス!

反対に僕の血圧が高くて、もう一度再検査するように言われた。高度順化の後頑張ろう、少し焦る。その後、近くを高度順化のため散歩してから昼食。午後は明日から順化のためのミーティング、フラッグアップ、スキーの調整をした。

2+

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

 

三浦校長に応援メッセージを送ろう!

メールアドレスが公開されることはありません。